横浜市 東福寺(浄土真宗本願寺派) のホームページです。

東福寺の歴史

 

横浜市港南区にある浄土真宗本願寺派の東福寺は、
西暦972年(天禄3年)天台宗の僧護妙法印という方が
比叡山より行基作の「薬師像」を背負い、
当地に来られ「妙法寺一乗寺」を創建いたしました。    
 
永歴元年7月、10世の僧「明道」のときに、
自然災害により本堂再建が叶わなかったため 
長寛2年明道は村民小堂を建て本尊を安置。   
  
その後年月を経て、文治5年に僧密厳という方がここに来られ、
衰退を歎き堂傍に草庵を結んでその尊像を守護いたしました。   
  
すると弟子某が次いで住持し深く真宗を拠り所とし、親鸞聖人の法弟となり、  
名を「海弁」と改め、浄土真宗に改宗し、それより海弁が当時の開基になりました。   
 
また、杉本山の由来である杉本という地名に居住した
北見掃部(かもん)は東福寺を中興しました。  
その居住地を山号とし、寺名は法名「東福寿元」より東福寺としました。
親鸞聖人が東国布教のとき、
当寺に3ヶ月逗留されたため院号を三月院といたしました。
 
慶長の頃第14世海順の代、塔頭憶念寺を建立しましたが、
いつの頃か廃絶にさしかかった頃、同寺の本尊阿弥陀仏如来を本尊とし、
古の薬事如来は笠松塚の堂内に移しました。   
 
その後、薬師堂が火災になり、再び当寺に復した近くには大正12年9月1日震災で
本堂が倒壊しましたが、仮本堂を第25世海旭が再建しました。  
寺院の活動は仏教婦人会・仏教壮年会・法話会と組織が充実しました。    
 
平成20年より、28代住職に杉浦海一が着任しました。 
Copyright(c) toufukuji All Rights Reserved.